高すぎる沖縄のレンタカー料金

ホーム » 沖縄でレンタカー!コンセプト » 高すぎる沖縄のレンタカー料金

高すぎる沖縄のレンタカー料金

レンタカーを沖縄で借りると高い沖縄では、レンタカー料金の高騰という身近な問題に直面しています。レンタカー料金の高騰は、沖縄を愛する人たちにとって、経済的な理由で沖縄の魅力を楽しめないのは困るということで、いつも悩みの種になっています。

一年中観光客が押し寄せ、経済活動を観光に依存するこの地域では、レンタカー料金はますます法外な値段に達しています。このような経済情勢の中、レンタカー会社が地元の人々が自分たちの街とその資源を楽しむための手頃な選択肢をほとんど残していないのは、理想的とは言えません。

私たち沖縄オープンレンタカーは、沖縄に公平で現実的な交通手段を提案するために、レンタカー会社が価格競争力があり、かつ観光客にとって受け入れられる教養の範囲内の料金を維持することを強く求めます。少なくとも、地元の人々への特別割引やプロモーションの検討は、沖縄とそこで生計を立てている人々の両方にとって有益なものとなるでしょうし、夏季の値段が高すぎます。

沖縄県民は他県と比べて平均賃金がただでさえ低いので、沖縄にお住まいの方が不釣り合いな経済的負担を強いられることなく、観光客と同じサービスを受けられるようになるべきだと強く信じています。私たちは、この問題が行政により早期に解決されることを希望していますが、期待はあまりしてません。

東京、大阪ではありえない「観光地価格」

沖縄レンタカー 高い軽自動車が1泊5万円!と目を疑うような価格が沖縄県那覇市では成立してしまいます。しかも走行距離10万キロを超えたようなぼろぼろの車で、です。それは、本当はもっと車があるのに大手レンタカーショップと比較サイトが結託して行っている、悪意を持った販売方法によるものです。

沖縄オープンレンタカーは強くこれに反発しています。

正常な価格のレンタカーショップでありたい

良心的なレンタカーショップ経営をレンタカーショップに関して正常な価格を示すのは難しいものがありますが、簡単に言えば、東京や大阪と同じくらいの価格であると考えています。ただし観光地ですから冬季はどうしても安くせざるを得ません。しかしながら夏季にとりすぎてはいけません。

具体的には、ローシーズンの高くとも1.5倍くらいが限界で、それ以上はあまりに高すぎると思います。近年ダイナミックプライシングという言葉が市民権を得てきていますが、それは単に値段のつり上げであり、観光業の一端を担うレンタカーショップとしては、あくまでホスピタリティと良心をもって、お客様をお迎えしなければならないと沖縄オープンレンタカーは考えています。

沖縄でレンタカー!
沖縄オープンレンタカーのコンセプトを見る

お車の空き状況はこちら!

沖縄 レンタカー オープンカー